• 加藤雄一 代表取締役

元付と客付


株式会社KTY四谷事務所では、賃貸に関する仲介事業も行っています。

まだまだな会社ですので、今回の案件では、「元付」ではなく、「客付」の仲介事業です。

私もこの仕事を始めるまでは、このことの意味は言葉の意味も含めてよくわかりませんでした。

言葉の意味としては、

「元付」→不動産の貸主である大家(オーナー)から借主を探すことを依頼された不動産会社

「客付」→元付の不動産会社に対して借主(お客様)を紹介する不動産会社

ということになります。

つまり、元付が貸す側、客付が借りる側の仲介業者だと思えば分かりやすいと思います。

言葉の意味としてはこの通りなのですが、仕事の内容は大きく異なりますね。

元付は、既にお客様(オーナー側)がいるのであり、一生懸命に動かなくても、オーナーから信頼されていれば仕事が無くなることはありません。お客様からおしかりを受けたり、信頼されなくなることも通常の仕事ぶりであれば、まず無いでしょう。

一方、客付は、お客様のご要望を尊重しなければならないので、大変です。サービス業として当たり前のことができていないと、もちろん勤まりません。

借りる部屋自体も、気に入らなければ、何物件も内見に同行することになります。

また、賃貸の場合は入居審査などがあり、これに落ちてしまうと、会社の責任ではないのか?仲介している弊社のせいではないのか?と不審がられてしまいます。

もちろん、不動産業界ならではなのルールなんていうのは、お客様が分かるわけありませんし、ルールだからとお客様のご要望を突っぱねることもできません。

今回は客付の立場や業務の進め方について、大変勉強になりました。今後の参考になります。詳細は、また今後のブログでアップできるようにします。

#賃貸 #元付 #客付

38回の閲覧