不動産売却の流れ

不動産の売却の手続きはどのようなものでしょうか?

 

①物件の相場観をつかむ

 

不動産を売ると決めたら、いくら程度で売れそうかご自身で目安を立てます。物件の周辺相場を知ることが大事です。

インターネットなどで、売却物件の情報を収集しておくと、現在の相場観がわかりますが、インターネットに出ている物件は、「とりあえず高目に出そう」ということで、本当に売れる金額より高い金額で売り出していることがよくあります。周辺の物件と比べて高くないか、また、指値と言われる値引き交渉が入ることがよくありますので、そういったことも加味(減点)した価格を検討する必要があります。

 

 

 

 

 

 

株式会社KTY四谷事務所に問い合わせ

 

 

不動産を売却するためには、信頼できる不動産会社との出会いが大切です。

まずは、面談をして、お互いを知ることからスタートです。

 

 

 

株式会社KTY四谷事務所へご依頼いただける場合の手続きの流れをご案内いたします。以下をご参照ください。

③物件価格の査定・物件調査

 

売却する物件の価格を、不動産会社のプロの目で査定します。物件価格についてご自身の意見とのすり合わせをします。

④媒介契約の締結

 

不動産会社へ売却の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。主な媒介契約の形態は3つありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの契約を結ぶか決定してください。

売り出し価格は、その後の売却活動に大きく影響します。自分の希望売却価格だけではなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めてください。

⑤売却活動、物件調査

 

売却活動と並行して、物件に関する情報をできるだけ正確に購入希望者へ提供するために物件調査を行います。特に、契約締結後のトラブルを防止するためには、物件に不具合や欠陥など(契約では「瑕疵(かし)」といいます)がある場合には、誠実に相手に伝えておくことが大切です。重要事項説明書の作成の為に各種資料をご用意いただきます。

⑥購入希望者との交渉

 

購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。引渡し時期や、購入希望者のローンの利用の有無、瑕疵担保責任の取り扱いなど、譲れる点と譲れない点を明確にして、交渉を進めます。

⑦売買契約の締結

 

売買条件を合意したら、買主と売買契約を結びます。このとき、一般的には手付金(契約金)を受け取ることになります。
売買契約を結ぶに当たっては、契約内容を確認していただきます。

⑧引っ越し準備又は引越

 

買主との調整により、下記⑩の後に引っ越しということもありますが、事前にお引越しされる方がほとんどです。

提携の引越業者をご紹介することも可能です。

⑨物件の引き渡し前の状況確認

細かな設備・備品等の取り扱いなどについても、買主と不動産仲介業者と現地立ち会いを行った上で十分に確認をします。極力、口頭での確認ではなく、書面にしておくことをお勧めしています。

⑩引渡し、残金決済、名義変更(登記)

残金決済手続きでは、売買代金を受領するのと同時に、名義変更の登記申請(住宅ローンの返済による抵当権抹消、所有権の移転等、実際は司法書士への書類交付です)を行います。不動産が建物、マンションの場合は鍵の引渡しもこの時点で行うことが一般的です。
 

売却後に税務申告などの手続きが必要になります。提携の税理士をご紹介することもできますのでご安心ください。 

 

株式会社KTY四谷事務所では、上記③から⑩をフルサポート致します。

お気軽にお問い合わせください。

 

ご依頼いただいた後のお客様とのやり取りは、記録に残るよう

メール、LINE、Facebook、又はお手紙など、お客様のご希望の通信手段にて対応できるようにいたします。

お客様の手を煩わせない様、電話でのやり取りを少なめにすることもできます。