代表取締役の独り言

株式会社KTY四谷事務所の代表取締役の加藤雄一です。

株式会社KTY四谷事務所は、司法書士加藤雄一が経営する不動産業者です。

 

 

不動産業者のイメージ

 

 

皆さんは、不動産業者に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

  • バブルの頃の地上げ屋

  • 難しい話をする人

  • 飲み会ばかりで遊んでいる人

  • 羽振りが良い

  • 騙されそう

  • 怖い、恐い

  • バックに暴力団等の悪い人がいる

  • お金に汚い

  • 会社はブラック企業

 

という、とにかくネガティブなイメージがあるのではないでしょうか?

 

私が、不動産業務を開始することを、妻の両親に話をしたところ、

「そんな悪い業界で働く必要は無いのではないか。司法書士業に専念すべきだ」という趣旨のことを言われました。

 

私には、今まで司法書士業務を行う中で、数多くの不動産業者さんや不動産関連業務の方々と仕事をご一緒することがありましたが、上記に該当するような方々は、あまり多くいません。ほとんどの業者さんは、まじめにコツコツと一生懸命お仕事をされています。私も尊敬すべき不動産業者の方々を多く知っています。

そのため、妻の両親がそのようなコメントをすること自体が意外でした。また、世間一般の方々の不動産業界に対する見方というのは、そのようなものであるということを痛感しました。

 

 

不動産業界の状況・司法書士の立場から

 

 

しかし、だからこそ私が変えていこうという想いが強くなったことも確かです。

先ほど、「あまり多くいません」という、ハッキリしない言い回しをしたのは、どこか私にも、不動産業界の悪いイメージを持っているところがあるからです。

司法書士業務をしている中で、不動産にまつわるトラブルの相談は多くあります。不動産売買の場面においても、不動産の仲介の方とその依頼者である売主や買主と、意思疎通がうまくできないとか、動きが悪いとか、依頼者の立場になって考えてくれないとか、依頼者の方の悲鳴にも似た悲痛な声を聴く場面も少なくありません。

 

どうしても、一部の不良不動産業者であるとか、圧倒的な仕事の力量の無さであるとか、人間的な未熟さからくる意思疎通がとれないことなどから発生しているのではないでしょうか。

 

不動産業界にいる方々から、「不動産業はクレーム産業だ」「クレーム処理の為に働いている」などということをよく聞きます。また、金額が大きいことから、不動産に関して裁判沙汰になってしまう事例なども多くあると聞きます。

 

もちろん、そのような状況をそのままにしている不動産業者さんは少なく、各会社さんで、大変な努力をされているものと思います。大手仲介業者の方からも社内のイントラネットで毎日のようにクレームの報告があり、その対処対応に追われていると同時に再発防止策が毎日増えていくという話も聞きました。

 

 

既存の司法書士像は・・・

 

 

一方、司法書士業務及び司法書士像として、あくまで、私の私見ですが、

  • 手堅い

  • 真面目

  • 融通が利かない

  • ミスが許されない

  • 年配の方が多い

  • 資格があるので安心

 

というイメージがあると思います。

幸い、司法書士の先達達が道を作ってくれたおかげであるかと思います。

私が、司法書士として業務をしてきた中で、上記のイメージのうち、特に、真面目とミスをしないという点に力を置いてきたという自負があります。

 

真面目という点では、お客様であるとか、ご紹介者の方に対して、正直に話をするというところに注力しています。わからない点はわからない。調べなきゃいけないところは調べる。自分の考え方を伝えるという、当たり前のことかもしれませんが、うそをつくとか、ごまかすとか、適当に取り繕ってその場をしのぐという対応をしないようにしています。

 

嘘やごまかしは、必ず大きなトラブルやクレームとなって自分自身に返ってきます。

 

逃げ出したいような案件や状況の時は、特にそのようになりがちです。

 

そういう場面でギュッと帯を締めるように自分自身に言い聞かせるようにしています。

 

「真面目に正直に対応する」 ということを。

 

幸い、司法書士業務では、皆様に支えられ安定して経営することができています。

その間、いろいろありましたが上記の気持ちで業務をしてきたことが事務所をここまで維持できた理由だと思います。

 

 

司法書士のスタイルを不動産業界で生かす(その反対も)
 

では、その気持ちや対応を不動産業務に適応すればよいのではないか?

 

不動産業務を始めようと思ったのは、そういう気持ちからです。

多くの皆様が、不動産業者に対するネガティブイメージを、ポジティブイメージに変えられないか?

みんながポジティブイメージを持てば、そのイメージを壊さない様、不動産業界が変わるのではないか?

 

依頼者の為に動く不動産屋さんでありたいと強く想います。

 

また、不動産業務を行うことにより、司法書士の業務についても相乗効果があるものと考えています。

司法書士業務もサービス業と認識していますが、いわゆる「営業」を行うものではありません。

しかし、不動産業務ではどうしても「営業」が必要になってきます。「営業」を行うことにより、営業会社の考え方、ひいては、社会一般の考え方などを学ぶことにもなるものと思います。

 

司法書士業、不動産業の両輪の働きにより、それぞれに飛躍的な相乗効果があるものと確信しています。

 

そのような私の想いが皆様に伝わるよう株式会社KTY四谷事務所の業務に励んでいきたいと思っています。

 

是非皆様にも、株式会社KTY四谷事務所の理念、考え方にご賛同いただき、業務のご依頼・相談等、お声を掛けていただければ幸いです。

平成29年12月16日 株式会社KTY四谷事務所 

Contact

株式会社KTY四谷事務所にお問い合わせください。
  • Facebook Social Icon
  • White Twitter Icon
  • White LinkedIn Icon

株式会社KTY四谷事務所では、相談を大事にしています。お客様の不安を安心に変えるために、コンサルティングや相談は無料で対応しています。予約にて土日祝日も対応いたします。また、平日の早朝、深夜等のご相談も予約していただければ対応できます。出張相談(全国対応)も行います。

メールの受信は365日24時間可能です。返信のご連絡は営業日に対応になってしまいますが、お客様をお待たせしないよう、早めの回答やご連絡ができるよう心がけています。メールフォームを用意いたしましたのでご利用下さい。

もちろん、お電話でのご依頼・お問い合わせでもOK!!

℡03-5366-6678 (担当:榎本、加藤)

打ち合わせスペース

打ち合わせや、相談ブースとして、新宿区若葉1丁目5番地15竹村ビル4階(最寄駅、四ツ谷、四谷三丁目)の四谷司法事務所の応接スペースが利用できます。喫茶店などでの打ち合わせでよくあるように、他の方に話を聞かれてしまうということがほとんどありません。じっくりとご相談ください。

もちろん、お客様のご要望で出張対応も可能です。ご希望の相談場所をご指定いただけます。

Please reload