• 加藤雄一

物件の広告について


皆さんこんにちは。

代表取締役の加藤雄一です。

本日は、物件の広告についてです。

我々不動産業者は、不動産の物件の広告をするにも、各種規制がかけられています。自主規制というとちょっといかがわしい感じもしますが、そういう意味ではなく、不動産の広告が適正にされるよう、使ってはいけない文字とか、制限があるのです。

例えば、安い!とか特選!!とか最上級とか、誘因行為にあたる言葉は広告の中に使用できないのです。

そうすると、限られた中から、いかにお客様の目に留まるのか?を考えた広告が必要になります。

街の不動産屋さんに行くと、A4とか、A3サイズの1枚の図面のようなものがありますよね。

これが、販売図面とかマイソクとかいうもので、不動産業者の間で、「物件の資料ください」と言えばまず、この図面のことなのです。そして不動産業者さんは、その図面をお客様にお見せして「どうですか?現地見てみますか?」なんていう感じになるのです。

ということは、不動産屋さんにも、お客様にもアピールできるような図面でなければならないということは、誰でもわかりますよね!!

なので、そういうところにも私たちKTY四谷事務所では、注意しているということを、今日は猛烈にアピールさせていただきました。

#不動産 #広告 #規制 #販売図面 #マイソク

最新記事

すべて表示

「かぼちゃの馬車」問題から考える不動産投資。それでも頭金ゼロって言われたんです。

皆様こんにちは。 株式会社KTY四谷事務所の代表取締役の加藤です。 前回は、フルローンなんてお金のある人しか、やっちゃだめだ!!! という様なことを記載しましたが、今回は、それでもフルローンの怖さを記載いたします。 かぼちゃの馬車問題の中でも、私達の方で、得た情報などによると、 フルローンを組めていたのは、銀行が喜んでフルローンにしたのではなく、不動産業者がフルローンに見せかけている場合がある様で

「かぼちゃの馬車」から見る不動産投資。フルローンが何故いけないのか。

皆様こんにちは。 株式会社KTY四谷事務所の代表取締役の加藤です。 今回は、フルローンを組むことについて、考えます。 投資の初心者はローンを組むべきではない!!!と記載しましたが、 では、全くの自己資金を必要としないフルローンであれば、手持ちのお金が無くなるわけではないので、チャレンジするとしても自己資金ゼロならノーリスクじゃないか!!!と言われる方もいるかと思います。 本当にそれで良いのでしょう

「かぼちゃの馬車」問題から、不動産投資を考える。初心者がローン利用なんて早すぎる

皆様こんにちは。 株式会社KTY四谷事務所の代表取締役の加藤です。 今回は、ローンを組むことについて、考えます。 最初の1件目の物件を自己資金が無くて、ローンで購入したいという方がいらっしゃいます。手持ちの資金を使うことなく行えるので、ローンというもの自体を私は否定するつもりは全くありません。 別の機会ですが、ローンのこともブログに記載しようと思っています。 が、まずは、新人の時期、不動産投資の1