• 加藤雄一

土地の売却は難しい?


不動産の売買の中でも、土地の売却というのは、そのままでは、非常に難しいと私は考えています。

マンションであれば、内覧できたり、間取り図で生活のイメージが湧いてくると思います。そのため、後は、方位だったり、駅からの距離だったり、管理の雰囲気などがポイントになってきます。

しかし、土地の場合は、そのイメージが作りにくいのです。

何も建物が建っていない土地を見せられて、「ハイ、この土地○○万円です!」って言われても、「わかった、買いましょう!」とは、ならないですよね。

土地を買う方は、その後、建物を建ててその家に住むことになるのですから、どういう建物が建って、どういう間取りが考えられるのかを提示する必要があると考えます。

売主にとっては、買主がどのように使うのかわからないので、そんなの関係ないと思う方もいると思います。が、買う方の立場になってみたら理解できるのではないでしょうか。

なんのプランのもなく、次のイメージがわかない売却と、この土地を買えば、こんなプランや、こんな可能性がある。ということを見せてくれる売却。どちらの物件を買う方は検討するでしょうか?

答えるまでもなく、ご理解いただけると思います。

皆さんが、売却を依頼する不動産業者さんは、そこまで考えていますでしょうか?そのような提案をしていますでしょうか?

そのため、土地の売却というのは、単純に売りに出すだけでは、非常に難しい。と言えます。

不動産業者があれこれ考えて、一生懸命に手を尽くせば、売れる物件、売り易い物件へと変わってくると考えています。これは、不動産業者の腕の見せ所であると言えるのではないでしょうか。

株式会社KTY四谷事務所では、この様に一生懸命にお客様のために全力で業務を行えば、お客様にご理解いただけるものと考えています。

#土地 #売却 #マンション

最新記事

すべて表示

「かぼちゃの馬車」問題から考える不動産投資。それでも頭金ゼロって言われたんです。

皆様こんにちは。 株式会社KTY四谷事務所の代表取締役の加藤です。 前回は、フルローンなんてお金のある人しか、やっちゃだめだ!!! という様なことを記載しましたが、今回は、それでもフルローンの怖さを記載いたします。 かぼちゃの馬車問題の中でも、私達の方で、得た情報などによると、 フルローンを組めていたのは、銀行が喜んでフルローンにしたのではなく、不動産業者がフルローンに見せかけている場合がある様で

「かぼちゃの馬車」から見る不動産投資。フルローンが何故いけないのか。

皆様こんにちは。 株式会社KTY四谷事務所の代表取締役の加藤です。 今回は、フルローンを組むことについて、考えます。 投資の初心者はローンを組むべきではない!!!と記載しましたが、 では、全くの自己資金を必要としないフルローンであれば、手持ちのお金が無くなるわけではないので、チャレンジするとしても自己資金ゼロならノーリスクじゃないか!!!と言われる方もいるかと思います。 本当にそれで良いのでしょう

「かぼちゃの馬車」問題から、不動産投資を考える。初心者がローン利用なんて早すぎる

皆様こんにちは。 株式会社KTY四谷事務所の代表取締役の加藤です。 今回は、ローンを組むことについて、考えます。 最初の1件目の物件を自己資金が無くて、ローンで購入したいという方がいらっしゃいます。手持ちの資金を使うことなく行えるので、ローンというもの自体を私は否定するつもりは全くありません。 別の機会ですが、ローンのこともブログに記載しようと思っています。 が、まずは、新人の時期、不動産投資の1