• 加藤雄一

ダイアパレス名島3階 売却できました。


おかげさまで、福岡のダイアパレス名島の3階について、先日、無事売却できました。

関係者の皆様にお礼を申し上げます。

投資用のワンルームの物件で、利回り的に心配でしたが、ご購入いただけました。

確かに、現在の賃料が安すぎるとも言えると思っていました。

当面退去は無いと思いますが、退去後は少し賃料を高くして募集もできるのではないかと考えます。

というのも、最近の福岡の物件の売買価格は高騰してきているのではないかとも思っているからです。

売買価格が高騰するということは、今後は賃料の高騰が発生するはずです。安くても良いので入居して欲しいという時代ではなくなりつつあるのではないでしょうか。

そうすれば、賃料が高くなれば、利回りで考える投資用物件は更に価格が上がるといえます。

そのため、株式会社KTY四谷事務所では、今後も福岡の区分マンションを購入し続けていく方針です。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「かぼちゃの馬車」問題から考える不動産投資とは。

皆様こんにちは。 株式会社KTY四谷事務所の代表取締役の加藤です。 前回まで、金融機関の考える手と題して、記載をしてきましたが、 現在考えなければいけないのは、不動産を購入した方だったり、販売をした会社だったり、管理をした会社だったりが必要でないのか? と、考えを改めました。 今回の件で、金融機関が悪いという風潮がどうしても出てきますが、 よくよく考えれば、リスクを取って融資しているのは銀行です。